友達の傷心やけざけに付き合い・・・

学生時代の友達が彼に振られ、飲みに行こうと誘われ失恋話を聞いてあげていました。飲み足りないし、クラブでも行く??と飲んだ勢いで未知の世界へ・・・・友達も私もクラブなんかはいったことなく怪しいんじゃないか・・・と不安をもちながらも若さゆえに冒険心でいざクラブへ。踊ったり飲んだりと意外に年齢層も広く、薄暗い中でキラキラ光る証明がまぶしかったのを覚えています。

 

とりあえず一杯頼人間観察をして飲んでいると二人の男性が話しかけてくれました。まぁ見た目からいうと、おじさんと紳士の二人組笑話のノリもあい、紳士の方と特に気もあい、手をつないでダンススペースへ・・・・初対面の人と手をつなぐだけでもドキドキし、クラブという非現実が私を大胆にしていたのかもしれません。しばらくして場所をうつしダーツバーへ、それなりに盛り上がり解散へ・・・気づけば2−2で分かれ、私は帰る方向が一緒だったおじさんとともにタクシーへ・・・・
紳士は友達としっぽりどこかへ消えていきました。動き出したタクシーから後ろ髪をひかれたものです。。。

 

おじさんからはそのあと連絡がきますが、まぁ・・・それなりに返し同時進行で紳士とも連絡を・・・・・少したってまた4人で飲むことになり、おじさんはまた私をどこかへいざなろうとしていましたが今回はうまくかわし一人で岐路へ・・・・。その後は紳士との連絡を重ね、友達は紳士へと気があるのは知っていましたが、まぁ…見て見ぬふりでついに二人でデートへ!!!まぁそのあとはなるように流れ、3回目のデートでいきおいで私から告白し付き合いました。一方友達は、あの時さんざんしゃべっていた失恋話の彼とまたよりを戻したそうで、なんだかんだめでたしめでたしとなりました。思いがけない出会いでしたが、たまには非日常へ勇気を出して飛び込むのいい経験となりました。

 

 

>>あなたにピッタリな婚活・恋活タイプ診断はこちら