焦りは良縁を逃がす!

30歳を過ぎてふと気づくと周りは既婚者ばかり、ちょうどその頃自分の能力に限界を感じて落ち込むことが多い時期だったので良い機会だと思い、結婚につながる恋愛をしようと真剣に婚活を始めたのです。手っ取り早く一度にたくさんの人に出会える婚活パーティーとじっくり相手を探せる結婚相談所を利用してみることにしました。

 

婚活パーティでは、初めの頃は場の雰囲気に慣れず、自分からなかなか積極的に話すことができませんでしたが、そのうち慣れ、心の余裕が出てきたのか少しずつ相手に話かけられるようになったのです。カップルになった人とも、このままうまくいくのかなと期待感を持ちながら、相手からの連絡を待っていても急に連絡が途絶えたり、何度か会っても「この人違うな」とうまくいかず、結婚相談所でも、自分に合った人を紹介してもらっていたのですが、実際会ってみるとイメージが違ったり、どちらもなかなか先に進むことができない悶々とした日々が続きました。

 

年齢も年齢だったので時には焦りやイライラがつのるばかりで自分との葛藤で何度挫折しそうになったことか。でも最後には時間が待っていてくれることに気づかされるのです。焦らず「気長にゆっくり!」をモットーにのんびり構えること。たまたまとある地域限定の婚活パーティーに友人と参加していた時に、カップルになった人と食べ歩き、旅行といった趣味の話から盛り上がり、何度か会っているうちに付き合うようになりお互い結婚適齢期ということもあって半年ぐらいには自然に結婚話になり、結納、結婚とトントン拍子で事が運んだのです。今では二人の子持ちの夫婦になりましたが、お互い言いたいことを言い合って喧嘩をするぐらい?仲は良いです。

 

 

>>30.40代にピッタリな婚活・恋活タイプ診断はこちら