相手のいいところを探すための行動を!

30代を越えると、出会いがなくなるといろんなところで言われていますが実際に30代をとうに越え40代に突入してしまった私にとっては本当に切実にそうなんだと実感します。私は30代はじめに離婚を経験しましたので、それからはフリーですがほぼ彼が途切れたことがありません。特に相手選びのハードルを下げていたりするわけでもなく、誰でもついていくタイプでもないと思っています。

 

ただし、自分が「嫌いじゃない」と思った人とは範囲を狭めずにご飯に行ったりお酒を飲んだりする機会を持つ、ということは欠かさずやっているような気がします。フリーのとき限定ですが。特に、話をすることに抵抗がなかったり、話が途切れてしまって苦痛にならない人となら二人でご飯を食べに行ったりすることはしています。

 

そうでないと、その人の本当のよさとかダメなところとか、わからないですよね。「この人、すごくいい!」と思ってご飯を食べに行ったら、実は他人に接するときの態度があまりよくなくて印象が悪くなったり、逆に本当になんとも思っていなかった人の思いがけない素敵な部分を見つけてしまったり。自分が生理的にいやでない限りは、じっくり話してみないとお付き合いするに値する人かどうかなんて絶対わかりません。

 

集団の中でよく見えるのと、1対1でコミュニケーションをとったときにとてもいい印象を持つ人も違う可能性があります。自分の過去の彼を振り返ったって、そうではないでしょうか。本当の第一印象のまま、なんてことないですよね。意外な一面を見つけて親近感が沸いたり、それが互いの好意に発展したり。。。

 

こればっかりは1対1になって向き合ってみないとわかりません。なので、私はいくつになってもフリーのときに男性とご飯を食べるときはなるべく少人数を好みますし、1対1も大事にするようにしています。

 

 

>>30.40代にピッタリな婚活・恋活タイプ診断はこちら