もったいない、結婚願望の薄い婚活女性

今回は30代女性の婚活についてです。
婚活について色々と多数の人に聞いてみると、多様なことがわかります。
その一つが結婚への意気込み・熱意の個人差の大きさです。
婚活するくらいなら結婚には誰しも意欲マンマンだろう、一見そう思いがちです。
ところが最近はそうでもないようです。
婚活していても、全然やる気の薄い人が多いです。

 

30代で婚活している人もよく見ると、大別して2タイプいます。
一方は結婚したい気マンマン、早く誰かと結ばれたいというタイプです。
もう一方は、なんかあまりやる気がないタイプです。
結婚よりも大切なことが何かしらあり、むしろ結婚はどちらでもいいくらいの意識です。
「結婚よりも大切なこと」は仕事か趣味の人が多いですが、一部にペットという人もいます。
このタイプの人は、やる気の薄さに加えて「行き当たりばったり感」も特徴的です。
「たまたまイイ人に出会えたら、結婚してもいいと思う」そんな感じです。
「結婚よりも別の機会に恵まれたら、その場合はそちらを優先」そんな感じです。

 

実は私の近くにも後者の好例がいます。
私のご近所さんに30代の独身女性、P子さん(仮名)がいます。
この方が最近やっと結婚を考え始めたそうです。
ご本人が、そう言っています。
P子さんは現在35歳ですが、これまで結婚をまともに考えていなかったそうです。
むしろ、できれば一生ずっと独身のほうがいいと思っていたそうです。
ですが最近になって、多少は結婚も考えるようになったとのことです。

 

P子さんは、つい先日に知人の男性とお酒を呑む機会があったそうです。
そこで、たまたま結婚願望の話になりました。
P子さんが、いつものようにヤル気の薄い結婚願望を話しました。
そうしたら、なんと知人の男性が怒りだしたそうです。
「そんな薄い結婚願望で、嫁に行けないわー!」
「もう少し、いかにも結婚したい意欲を出せー!」
後日、酔いが覚めたその男性いわく「なんか見ていて腹立たしくなった」そうです。
「もう少し結婚を有難がってほしい、嫁に行くことを尊いと思ってほしい」そう感じたそうです。

 

そんなヤル気のないP子さんですが、意外にも男性からモテています。
独身男性でも「P子さんは、嫁にもらってもいいかなと思う」と言う人もいます。
P子さんは仕事や趣味に没頭してきたタイプですが、意外と家事も得意です。
仕事や趣味もこなせる器用者なので、家事もやってみたら意外とできるのです。
外見も決して悪くはないほうです。

 

最近の婚活中の女性の中には、今回のP子さんのような人も多い気がします。
決してスペックは悪くない、でも何らかの事情で縁遠い人です。
P子さんのように、縁遠い理由が結婚願望の薄さという人も多いようです。
ハタから見ていて、非常にもったいないと思います。
日本国内で少子化が問題視されていますが、P子さんのような人がみんな結婚したら案外あっさり解決しそうな気もしました。

 

 

>>30.40代にピッタリな婚活・恋活タイプ診断はこちら